金光教成城教会 本文へジャンプ
祭典

ここでは金光教成城教会の儀式について紹介します。

恒例儀式

元日祭 毎年1月1日() 午前11時奉行

毎年1月1日に、新年にあたり、新たな願いを立て、お礼と改まりの心をもって、一年のことを祈願する祭典です。(金光教本部HOME PAGEより)

春季霊祭 毎年3月第4曜日 午後1時30分奉行
秋季霊祭 毎年9月第4曜日 午後1時30分奉行※

教会広前には、私たちの先祖をはじめ縁の深い人たちのみたま様や、今日まで教会を支え、その発展に力を尽くしてこられた信奉者のみたま様が、お祀りされています。春と秋に、改めて霊神にお礼を申し、その立ち行きと信心継承の願いを込めて仕える祭典です。(参考/金光教本部HOME PAGEより)
※なお当教会では9月の秋季霊祭に「敬老祭(75歳以上の信奉者のお祝い)」と「教祖生誕記念祭」「報徳祭」を併せてお仕えしております。
「報徳祭」は教会布教に功労のあるご霊神様のお徳を讃え、御霊の立ち行き・お働きをお願いさせていただく祭典です。当教会では初代の師匠である3代東京教会長及び初代上田教会長御帰幽の平成19年よりお仕えさせていただいております。


天地金乃神大祭 毎年4月第4曜日 午後1時30分奉行

天地金乃神様の広大なみ恵みと深いおぼしめしに対し、感謝の真を捧げるとともに、生神金光大神様をお差し向けくださった神様のへの思いを深め、神願成就を祈願する祭典です。(金光教本部HOME PAGEより)

生神金光大神大祭 毎年10月第4曜日 午後1時30分奉行

教祖様のお徳を称え、教祖様が現わしてくださった永世生きどおしの生神金光大神取次をあらためて頂き、私たちもその働きを現わしていくことを祈願する祭典です。教祖生神金光大神様は、明治16年10月10日の金光大神祭の当日にご帰幽になりました。そのご命日としての意味も込められています(金光教本部HOME PAGEより)。
※当教会では開教以来10年毎に記念大祭をお仕えいたし、この祭典に併せておつかえしております。

 開教50年をお迎えする平成32年度については、諸般の事情により10月第2日曜日にお仕えする方向になっております(時間・場所は未定)。

立教記念祭 毎年11月の生神金光大神様の月例祭に併せて奉行

1859年11月15日(旧暦安政6年10月21日)、教祖様は神様から、取次に専念してくれとの立教神伝を頂かれました。そのご神伝を頂き直し、神と人共に生きるあり方にならせていただくことを祈願する祭典です。(金光教本部HOME PAGEより)

上半期感謝祭・交通安全祈願祭 毎年6月30日 午後1時30分奉行
年末感謝(越年)祭 毎年12月30日 午後1時30分奉行

上半期感謝祭は以前「夏越しの大祓」と申していたこともありますが、上半期の最後の日に当たり、上半期のおかげを受けてきた事への御礼を申し上げると共に下半期が無事に過ごせるよう祈願する祭典です。当教会ではこの祭に併せ「交通安全祈願祭」もお仕えいたしております。
年末の前日、一年間それぞれが神様からのおかげをいただいてきたことに感謝申し上げると共に2日後に迎え奉る新たな年へ向かって、神様に立ち行きをお願い申し上げる意味合いがある祭典です。


生神金光大神月例祭・誕生祭・月例霊祭 毎月第2曜日 
                       午後1時30分奉行※
天地金乃神月例祭 毎月第4曜日 午後1時30分奉行※

その月ごとに、お礼、改まり、お願いを申しあげる祭典です。
当教会では前半の月例祭は「生神金光大神月例祭・誕生祭・月例霊祭」として、後半の月例祭は「天地金乃神月例祭」としてお仕えしております。
前半のお祭りでは、その月に誕生日を迎える方のお名前を奏上し、これまでのお礼とお詫び、そして今後の立ち行きを祈願する「誕生祭」と、その月に祥月命日を迎える在籍信奉者家庭(教徒はもとより信徒でも御届けいただいている方も含))の霊神様方への御礼と御霊の立ち行き、さらには遺族の立ち行きも祈願する「月例霊祭」もお仕えしております。
※1〜4、7〜10月は第2日曜日、5・6・11・12月は関係教会大祭及び御本部祭典の関係で第2日曜日の前日の土曜日にお仕えします。基本的に午後1時30分奉行ですが、1月は初祭典としてお仕えする為午前11時奉行です。
※1・2・7・8・11・12月は第4日曜日、3・9月は春秋霊祭に併せて第4日曜日に、4・10月は大祭に併せて第4日曜日に、5月は第4日曜日の前日の土曜日にお仕えします。いずれも基本的に午後1時30分奉行です。

勧学祭 毎年4月1日に近い土曜日乃至曜日 午前11時奉行

毎年4月1日に近い土曜日乃至日曜日に、この年に大学・大学院・短大、高等学校・高等専門学校、専修学校、中学校・中等教育学校への進学・進級、小学校への新入学・進級、幼稚園・保育園への新入園・進級する児童・生徒・学生の1年の学業・健康成就を祈願する祭典です。
 祈願表フォーマットはこちらからダウンロードして記入の上教会宛ご送信下さい。
 祈願表  

教会功労者報徳祭 初代教会長の式年祭の年は6月乃至4若しくは5月の日曜日。例年祭の年は秋季霊祭執行日

「教会功労者報徳祭」は初代教会長をはじめ教会布教に功労のある先覚信奉者の御霊様のお徳を讃え、御霊の立ち行き・お働きをお願いさせていただく祭典です。当教会初代教会長の師匠である3代東京教会長及び初代上田教会長御帰幽の平成19年よりお仕えさせていただいております。

申請儀式

冠婚葬祭

基本的に教徒及び準教徒のみ行う祭典となりますが、○印の祭典については教徒以外でも日程・時間等の都合が付けばお仕えすることが可能です。◎印については教徒への改式が必要です。ご相談下さい。
○成人奉祝祭、七五三祈願祭、誕生祭、お宮参り、
○結婚式(式のみ。当教会では披露宴は出来ません※)、銀婚式・金婚式等
◎葬儀・葬場祭(終祭、告別式、火葬場祭、葬後霊祭、旬日祭、納骨祭等)
◎霊祭(先祖祭、墓前祭)、神璽・霊璽遷座祭・奉安祭
※披露宴は当教会では出来ません。他の会場等で行う場合は日程・時間の調整が付けば対応可能です。ご相談下さい。
※葬儀は、在籍教徒の場合のみ。教会を祭場とすることは可能ですが、要相談。

○感謝祭(家内安全祈願祭、商売繁盛祈願祭)、報徳祭
(会社や各ご家庭の毎年・月にお仕えする祭典)
○交通安全祈願祭(車やバイク・自転車等のお祓い)
○新築や分家等で・・・神璽・霊璽奉安祭

毎年決まった日若しくは毎年同じ時期にお仕えする感謝祭・報徳祭を申請によりお仕えしています。霊前で行う報徳祭では会社や各ご家庭の功労者・ご先祖の御霊様の御遺徳をお讃えすると共に御霊の立ち行きとご遺族・会社の助かり立ち行きを祈願します。各ご家庭のお祭りは基本的には教徒が対象ですが、当教会では準教徒・信徒にも対象を広げて申請があれば、日程・時間を調整の上、お仕えしております。また会社等の感謝祭・報徳祭は創業者等が教徒であった場合に継続してお仕えしておりますが、それ以外でも申請があれば、にって・時間の調整が出来ればお仕えすることは可能です。ご相談下さい。
交通安全祈願祭は新車等のお祓いをする個別祭典。
※当教会では教徒以外にも対象を広げて申請があれば、日程・時間を調整の上、お仕えしております。

建築関係の諸祭

○地鎮祭(新築安全祈願祭・手斧始め)、上棟祭、新築落成奉告祭(竣工祭)、マンション等購入奉告祭、解体祭等

建築に関わる諸祭は、日程・時間等の都合が付けばお仕えすることが可能です。ご相談下さい。